AmiVoice® SP2 Ver 2.11の更新内容 (2016/03/11)

AmiVoice® SP2 Ver 2.11 アップデートモジュール

 ※マスター辞書「標準(大) – 汎用音響モデル」のご利用をお勧めしています。
  詳細はVer 2.03の更新内容をご確認ください。


<253MB>

AmiVoice® SP2 Ver 2.11の更新内容 (2016/03/11)

ユーザー様からのご要望に対応し、細かな使い勝手など機能強化の大規模アップデートをいたしました。

1.登録単語 流行語大賞2015などに対応しました。

流行語大賞2015や最新のコーパスを追加しました。
同音異義語の強化や様々な調整を行いました。

2.単語登録時、「読み」を自動的に入力可能にしました。

単語登録時に、「単語」にキーボードで入力をすると、そのときのキー入力内容にて「読み」も自動で入力されるようになりました。

var211img01

3.設定画面でタスクトレイアイコンのクリックでの録音ON/OFFを変更可能にしました。

タスクトレイアイコンにチェックマークを入れて、「OK」ボタンを押してください。

var211img03

4.AmiVoiceエディターを閉じる際に、終了確認メッセージを表示します。

AmiVoiceエディターを閉じる際に終了確認メッセージを表示させることにより、予期せずに認識結果を消去してしまうことがなくなるようにしました。
var211img03

5.ユーザーのインポート・エクスポートの機能が複数ユーザーを同時に指定できるよう改良しました。

(1)インポート・エクスポートツールの起動

①AmiVoiceバー上で右クリックし、メニューを表示します。

var211img04

(2)ユーザーのエクスポート

  ①エクスポートするユーザーを選択します。

  ②エクスポート先フォルダーを指定します。

  ③「エクスポート」ボタンをクリックします。

var211img05

(3)ユーザーのインポート

  ①エクスポートされたフォルダーを追加します。
var211img06

  ②インポートユーザーを選択し、インポートします。

var211img07

6.AmiVoiceバーの設定にバーの色合いを変更できる「カスタム」・大きさの変更を追加しました。

バーの色は、カラーバリエーションに「カスタム」を選択して「色合い」のスライダーを動かします。

var211img08

7.設定画面でAmiVoiceバー上のボタンの並び替えを可能にしました。

「▲上へ」「▼下へ」ボタンで、アイコンの表示順序を変更することが可能です。

var211img09

8.ユーザー作成時に、AmiVoiceバーのデザインを選択可能にしました。

var211img11
var211img10

9.「ます/ません」のように誤認識しやすく、意味が異なる単語を「注意用語」として単語登録可能にしました。

注意用語に登録した単語は、紫色の文字で表示され、注意を促します。

(1)注意用語を登録するには、AmiVoiceバーの「ユーザー辞書ツール」から、「注意用語」をクリックします。

(2)「項目の追加」をクリックします。

var211img11

(3)「単語」に注意用語として登録したい単語を入力し「追加」ボタンを押します。すべて登録し終えたら「OK」ボタンを押して登録を確定します。

var211img12

10.音声コマンドにAmiVoiceバーを表示させるコマンドを追加しました。

AmiVoiceバーを画面外やタスクトレイに格納してしまい、AmiVoiceバーが見えなくなってしまった際に、音声コマンドでAmiVoiceバーを再表示できるようになりました。

音声コマンド名  「あみぼいすばーをひょうじ」

var211img14

11.設定画面の「エディター」欄に以下の設定項目を追加しました。

・「ウィンドウの固定」項目に「サイズのみ」固定する設定

   従来の「固定」は「位置とサイズを固定」であり、今回の「サイズ固定」は、位置は入力欄の場所で表示し、エディターのサイズだけ固定にする設定です。

・「表示色」項目に「テンプレート」と「注意用語」の文字色を変更するための設定

var211img15